アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

「大麻のものづくり探検隊」取材裏話② お醤油ができるまで

f:id:aitsu-factory:20181113232329j:plain

みなさまこんにちは。

ちょっと寒くなってきましたね。

ブログチャレンジ5日目♪思ったよりいけるもんですね~。

鳴門在住「絵と手描き文字で「伝わる」デザイン」aitsu factoryのみかりんです。

 

さてさて今週は、鳴門市大麻町の商工会さんからご依頼いただいた

大麻のものづくり探検隊」の取材裏話シリーズです♪

 

第二回めの今日は「お醤油ができるまで」です!

 

取材させていただいたのは、

今から約190年前の江戸時代から続く老舗のお醤油蔵

福寿醤油株式会社」さん!

 

f:id:aitsu-factory:20181114092856p:plain

 

クラシックな蔵と、(ダジャレじゃないよ) のっぽの煙突が目印です♪

 

 

ところで皆さん、

お醤油屋さんって、どこもお醤油を大豆から作っていると思っていませんか?

 

私もそうだと思っていましたが、実は違うそうです!

 

教えていただいたのですが

日本には今約1万軒のお醤油屋さんがあるのですが

大豆・小麦から醸造(発酵作用を利用して酒類・お味噌・醤油などを作ること)しているところは、

1500/10000軒!!なんですって!

醸造していないお醤油屋さんは、お醤油を仕入れて、そこに味付けなどをして出荷しているそうです)

 

ちなみに徳島は

12軒のお醤油屋さんの中で、

醸造しているところは、福寿さん含め3軒だそうです。

 

 

しかも福寿醤油さんは、昔から伝わる製法を守り続けているため

もちろん機械化しているところもありますが

クラシックな趣のあるお醤油蔵や、手作業のところも多いお醤油蔵です。

そんな作業風景もとても見応えがあり、貴重な経験となりました!

江戸時代にトリップしたような体験ができるのも、福寿さんならではではないでしょうか?

f:id:aitsu-factory:20181113232428p:plain

 

見学の後は、お醤油のテイスティングもさせてもらいました。

そこで、お醤油の豆知識も教えてもらったのですが

衝撃だったのが、「お醤油の賞味期限」!

皆さん知ってますか?

お醤油は、開封してから1ヶ月が賞味期限なんだそう!!

しかも、その保存方法は、常温でなく、冷蔵保存で・・・が前提なんだとか!!!

 

f:id:aitsu-factory:20181113232454p:plain

衝撃・・・

うちの醤油よ・・・・・・・

 

 

代表取締役の松浦さん曰く

「お醤油の賞味期限は短いので、確かに大きい醤油の方がお得に購入できますが、

ご家族の人数や醤油の使用量に合わせて、少人数のご家族であれば、

小さいサイズでご購入していただいた方が、結果的に得ですよ」

とのことでした♪

ぜひお醤油購入の参考に!

 

 

私もお醤油買って帰ったのですが

私が購入したのは、「2年仕込み醤油

 

普通、福寿さんのお醤油は仕込み期間が1年のところ

2年間じっくり仕込んだお醤油です。

蓋をあけると、お醤油蔵の香りがそのまま詰まっています!

このお醤油でお魚の煮付けを作ったら、もう絶品!

f:id:aitsu-factory:20181113232537p:plain

プロが作ったと言ってもきっとみんな騙される美味しさですよ~。

少し高価なお醤油なので、煮汁を捨てるのが勿体無いので

次の日は、卵焼きの調味料としていれたり、活用しちゃいました。

 

いい材料を使っているな~と思うと、

大切に使うし、ありがたい気持ちで食事ができて、いいですね♪♪

 

福寿醤油さんでは、私が見せてもらったように

お醤油蔵の見学をしてもらえますよ。

ぜひぜひ、鳴門にある、こんな貴重なお醤油蔵のことを皆さんに知ってほしいです!

ご予約が必要なので、行かれる際はお問い合わせくださいね!

福寿醤油株式会社 オフィシャルサイト はこちらです←。

 

ではでは、明日は「純米酒ができるまで」をお送りします~^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪