アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

「大麻のものづくり探検隊」取材裏話③ 純米酒ができるまで

f:id:aitsu-factory:20181113234005j:plain

みなさまこんにちは。

ブログチャレンジ6日目☆

鳴門在住「絵と手描き文字で「伝わる」デザイン」aitsu factoryのみかりんです。

 

さてさて今週は、鳴門市大麻町の商工会さんからご依頼いただいた

大麻のものづくり探検隊」の取材裏話シリーズをお送りしております^^

 

第三回めの今日は「純米酒ができるまで」です!

 

取材させていただいたのは、

こちらも約200年前から続く老舗の酒蔵となります

本家松浦酒造場」さん!

 

f:id:aitsu-factory:20181114093046p:plain

クラシックな長屋門と、「鳴門鯛」の本荷樽が、趣を感じますね〜。

 

 

松浦酒造さんは、「鳴門鯛」というお酒や、「すだち酒」で有名です。

(すだち酒は大学生の時の、家飲みの定番でした!懐かしい!!!)

 

私はこちらに来る前に、代表の方の名字を見て、「あれ?」と思っておりました。

福寿醤油さんも、松浦酒造さんも、代表の方は同じ「松浦」さんなんですよね。

蔵の方も、細い道を挟んで向かい合わせ。

店長の若林さんに質問させてもらったところ

「もともとを辿れば、九州の方から来て、この地でお酒とお醤油を始めたそうで、

遠い親戚にあたるそうです」と教えてもらいました。

 

f:id:aitsu-factory:20181113234238p:plain

 

そうか~。それにしても

大谷焼といい、お醤油・お酒にしても、九州から伝わったものなのですね!

 

 

私は不甲斐ないことにお酒はあまり詳しくないので

日本酒の種類についても教えてもらいました。

よく聞く「大吟醸」!

いかにも美味しそうで高級そうな名前ですが

こちらの名前のつくお酒は、お米を削る量によるものなんだとか!

 

f:id:aitsu-factory:20181113234223p:plain

お米の周りを半分以上削ったものが「大吟醸

4割削ったものは「吟醸

それ以外は無記入なんだそうです。

 

大吟醸は、フルーティーでスッキリ!

冷やしてキュッといくのがオススメだそう!

 

吟醸の名前がつかないものは、

こってりしたお酒になるので、熱燗であったまろ~^^

 

そうやって聞くと、ちょっと飲み比べしたくなっちゃいます!

 

今回タイトルにもなっている「純米酒」とは

米と米麹とお水のみで作ったお酒のことです。(酵母菌も入ってます)

 

米&米麹で作ったお酒に、製品の安定のためや風味をよくするために「醸造アルコール」を添加することがありますが、こうなると「純米酒」とは名乗らないそうです^^

 

ほ~なるほど!!!

 

 

工場の中は、日本酒のよい香り!

お好きな方は、間違いなく我慢できなくなります(笑)

 

 

松浦酒造さんには、江戸時代から続く長屋門や精米蔵も残る一方

醸造の工場の方は、機械化されていて、

同じ醸造工程のある、福寿醤油さんのクラシックな製法と比べたりもできて

両方ぜひ、見比べて欲しいなぁと思いました^^

 

 

松浦酒造さんも、見学ができます!

こちらも予約して、是非是非見学して見てくださいませ~。

もちろん商品購入もできますよ〜!

narutotai.jp

 

松浦酒造さんでは、新酒ができる秋口に

蔵蔵たちきゅう」という、大人気の立ち飲みイベントもやっていますよ。

 

 

大谷焼の窯元さん・福寿醤油さん・松浦酒造さんは

てくてく歩いて回れる距離なので

クラシックな街並みを愛でながら、見学ツアーをするのもとってもオススメですよ!

 

 

 

ではでは、明日は「藍染ができるまで」をお送りします~^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪