アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

大道銀天街シャッターアートができるまで③

f:id:aitsu-factory:20190701010516j:plain

 

みなさまこんにちは。

 

絵と手描き文字で「伝わる」デザイン aitsu factoryのみかりんです。

 

 

 

さてさて、「シャッターアートができるまで」の第三回は

 

いよいよ、シャッターに絵を写していく作業です♫♫

 

今までの流れはこちら!

aitsu-factory.hatenablog.com

aitsu-factory.hatenablog.com

 

 

62日、シャッターの前に、

 

Wみかと、サイコー塾メンバー4人中3人集まりました!

 

 

 

まず行うこと。

 

それは「掃除」

 

 

 

シャッターは、雨風にさらされて、想像以上に汚れている

 

 

 

なのでぞうきんで拭き拭き。

 

 

 

「ケ○ヒャー」のような、高圧洗浄機を使おうか?という案も出たのですが、

 

ここのシャッターは普段は営業しているお店。

 

水がシャッター内にはいったらご迷惑がかかる!ということで、

 

原始的な拭き拭き作戦でやりました。

 

 

やはり掃除をしておかないと、

 

下書きもしづらいし、

 

色を塗っても定着しづらくて、はがれやすくなりますんでねぇ。

 

 

 

まぁまぁ拭き拭き作業時間かかる

 

でも、この地味な作業が、仕上がりを左右するのだ!!

 

ちなみにこの拭き拭き作戦の時は、水をいれた霧吹きスプレーが便利でした。

 

f:id:aitsu-factory:20190701004355j:plain

 

そして、綺麗になったシャッターに、

 

ガイド線をえんぴつでかいていきます。

 

 

 

このガイド線とは?

 

そう!!前回のブログをみてくれた方はご存知ですね!

 

 

 

下絵に格子状のガイド線をかいています。

 

f:id:aitsu-factory:20190701004454j:plain

 

そして、さらに、このガイド線で分割したものも準備しました!

 

f:id:aitsu-factory:20190701004514j:plain

 

どこがどこやら分からなくならないように、番号をつけてます。

 

 

 

このガイド線は、あらかじめ長さをはかっていたので、

 

ダンボールで、その長さ分の定規を作って、

 

メジャーでいちいち図らずに、どんどん線がひけるようにしておきました。

 

f:id:aitsu-factory:20190701004542j:plain

 

とってもスムーズに作業がすすみます!

 

f:id:aitsu-factory:20190701004618j:plain

「鳴門縁の会」の皆様も手伝ってくれました!

 

そして、このガイド線に従って、絵を描き写していきます。

 

 

 

こうしておくことで、

 

大きい絵も、バランスがおかしくなることなく、

 

誰がどこを描いても比較的安定した

 

仕上がりの絵ができるのです(^^)

 

 

 

でも、ここで重要なのは、

 

お隣さんとの連携!!

 

 

 

自分の枠と、となりの枠がズレているのでは、ちぐはぐな絵になってしまうので、

 

「この枝この辺でいける?」

 

などと相談しながら描きました。

 

 

 

あと、人物の顔など、細かいところで気をつけて!と

 

看板屋さんからのメッセージ。

 

顔の目や口は、できるだけ、シャッターの凸凹の凸の部分に描くこと!

 

そうしないと、凹の部分に描くと、

 

角度を変えてみたら、のっぺらぼうになったりして、

 

恐怖アートに変身してしまいますー!!

 

f:id:aitsu-factory:20190701005304j:plain

なので、ここは下絵に忠実になりすぎずに、調整しながら描きます。

 

 

 

ちなみに下絵に使ったのは、

 

下絵の下書きはエンピツ。下絵の清書は油性ペンです。

 

 

 

そんなこんなで、この大きさのシャッターの下絵。

 

みんながんばってくれて、あっという間に完成しました!!

 

f:id:aitsu-factory:20190701005407j:plain

見えにくいけど、下絵完成しました!

 

 

 

今回のシャッターアートで、私が意識していたのは、

 

「いつでも誰でも参加できちゃう制作現場」でした。

 

 

 

参加人数が多いけど、みなさん忙しいので、

 

これたり来れなかったりというのがありますので、

 

 

これる時に来てくれたら、

 

これる時に来てくれたら、常にすることがあるよ~という環境。

 

 

なので、「誰が参加してもすぐ描ける環境」を意識してました(^^)

 

 

そして参加してくれてるみなさんが、

 

ほんとに素直に前向きにがんばってくれました!

 

ありがたいですねぇ。

 

 

 

ではでは次回からはいよいよ色塗りです!

 

ここまで順調に進んでいるように見えますが、

 

色塗りで若干迷走気味に…

 

 

 

それも楽しみにご覧くださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

 

 

\ アイツファクトリーの紹介ページはこちら! /

tunagarulife.com

アイツファクトリーのやっていることが一目でわかるページです。

お問い合わせなども、こちらのページから受け付けております♪

 

また次回もお楽しみに~(^^)