アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

大道銀天街シャッターアートができるまで④

f:id:aitsu-factory:20190703223526j:plain

 

みなさまこんにちは。

 

絵と手描き文字で「伝わるデザイン」

 

aitsu factoyのみかりんです。

 

 

さてさて、連日お騒がせしております

 

徳島県鳴門市の大道銀天街シャッターアートのお話。

 

まだまだ続きますよ。

 

 

今までのシャッターアートのお話、まとめ読みしたい方はこちら↓

 

鳴門大道銀天街シャッターアートができるまで① - アイツのつくりかた

鳴門大道銀天街シャッターアートができるまで② - アイツのつくりかた

大道銀天街シャッターアートができるまで③ - アイツのつくりかた

 

 

そろそろみなさん、飽きてきてやしませんか…?

 

しかし、これからシャッターアートされる予定の人が

 

この記事を興味津々で読んでくれている!

 

と信じて、心を折らずに書くことにします。

 

 

 

今日は、いよいよシャッターの色ぬりです!

 

この色ぬりが・・・

 

想定外のことがまぁまぁ起こりましたので

 

シェアさせてもらいます!

 

 

ちなみに、色塗り仕上がりイメージはこんな感じ!!↓↓↓

 

f:id:aitsu-factory:20190703223558j:plain

 

 

 

あれ?下描きにはなかった、赤い傘がありますね!

 

こちら、色塗りの段階で、メンバーにみてもらったところ

 

「ワンコのあたりが寂しい」

 

「ワンコのところにも参加型アートスポット作りたい」という話になり

 

パステルみかさんが、傘のアイデア

 

大学生のちさ子さんが、その傘に餅が降ってくるアイデアをくれました。

 

参加型アート。実際人が入るとこんなイメージです♪↓↓↓

 

f:id:aitsu-factory:20190703223629j:plain

 

面白いでしょ〜!

 

みなさん、ぜひ写真撮りに来てくださいね!

 

 

 

 

シャッターの色ぬりに使うのは

 

油性タイプのペンキ。

 

 

ペンキを準備してくれたのは「鳴門縁の会」(このシャッターアートを企画してくれた団体)のみなさま。

 

ペンキ屋さんでアドバイスを受けて準備してくれました。

 

(必要な道具は、全て縁の会で準備してくれたのです。ありがたいですね!)

 

 

私も油性のペンキを扱うのは初めて。

 

調べてみたところ

 

水濡れに強く、耐久性にも優れてる!

 

また、もともと塗っている塗料の上に重ねても、密着度が高いそうです。

 

あとは、ツヤ感が違う!!とのこと。

 

 

 

なので、シャッターに塗っていくには、油性がぴったり!ということなんですね!

 

 

 

ペンキの使い方は

 

①赤・青・黄・黒・白のペンキを混色して、好みの色を作る

             ↓

 ②色ができたら、薄め液(=シンナー)で少し薄めて完成!

 

f:id:aitsu-factory:20190703223734j:plain

 

「えっ!?ペンキは混色して使うの?」

 

 

そうなんです!

 

その理由は

 

ペンキは最小購入単位が1リットル

(これは購入したお店がたまたまそうなのかもですが)

 

1リットルって、結構な量あります。

 

絵の具みたいにいろんな色を購入すると、思いっきり余ります。

 

 

青・赤・黄・黒・白を混ぜ合わせると

 

大概の色は作れるんです。

 

なので、混ぜて作ろうーー!ということになったのでした。

 

f:id:aitsu-factory:20190703223810j:plain

 

(ちなみに、やってみている中で、肌色の混色が難しい!となり、肌色ペンキは追加で購入してもらいました)

 

 

 

 

 

さぁ。このペンキ。

 

「えー? 絵の具と変わらないでしょ?」

 

 

 

私は、甘くみてました。

 

 

 

私の甘くみてたポイント3つ

 

 

 

①思いの外、散りまくる…

 

f:id:aitsu-factory:20190703223858j:plain

 

この画像をみてもらったら一目りょう然。

 

f:id:aitsu-factory:20190703223835j:plain

 

 

 

少し筆につけすぎたら、そりゃ大変!!

 

初めは「ぎゃー!!!」とあたふたしていましたが

 

途中から、「もういいや・・・」と諦めの境地。

 

でも、ちゃんと落とす方法もあります。

 

それはまた後日書きます。

 

 

 

②手についたらベッタベタ。服についたら取れません。

 

 

 石鹸ではペンキは落ち切りません。

 

手についたのは、除光液で拭いたら落ちました^^

 

 

 

③臭いがすごい。。。

 

想像してごらん。

 

油性ペンキの、酸化した油のような香りと

 

シンナーのハーモニーです。

 

ずっといたら、慣れてくる自分が怖い。

 

f:id:aitsu-factory:20190703223937j:plain

 

ちなみに、一度車にペンキを搭載して一晩置いたところ

 

3日間、酸化した油の香りが車に染み付いてました。

 

(縁の会のみなさん、車の臭い、大丈夫でしたか?)

 

 

 

てな感じで、

 

なかなか個性が強い、油性ペンキちゃん。

 

でも、その油性ペンキちゃんを飼い慣らしていくのも、楽しい時間でした。

 

 

油性ペンキ で色塗りするのにあったらいい準備物はこちら!

 

塗る前に準備…

 

床に直に落ちるのを防ぐための養生テープとブルーシート

 

f:id:aitsu-factory:20190703223956j:plain

 

シャッターの前は公道だったりするので、これは重要!

 

 

 

ペンキを入れるカップ・ブラシ

 

f:id:aitsu-factory:20190704090320j:plain

 

パレットのような平たいものより、持ちやすいカップがオススメ。

 

油性ペンキはシンナーがないと落ちません。

(シンナーも捨て方が難しいので多用はNG)

 

なので、ペンキを入れるカップは使い捨てがオススメ。

 

この時、すごく役に立ったのが

 

うちの夫が毎日飲んでるマウン○レーニアのカップ!!

 

f:id:aitsu-factory:20190703224024j:plain

 

プラごみに山のようにあるのを発見。

 

f:id:aitsu-factory:20190704090352j:plain

 

よくもまぁ毎日よく飲むなぁと思っておりましたが、

 

役立つ時がくるとは思いませんでした。

 

 

今プラごみが非常に問題になっておりますので心苦しいですが

 

マ○ントレーニアカップも、即ゴミにならず、

 

2回目の人生(プラ生?)を歩めてよかった…

 

 

 

 

ビニール手袋・マスク

 

私ははじめ、自分の軍手でやってましたが

 

軍手はどんどん油性ペンキを通すので

 

私の手がエライ色に^^;

 

爪の中まで入って、やんちゃな悪ガキみたいに。。。

 

f:id:aitsu-factory:20190703223922j:plain

 

「縁の会」さんが、色を通さないビニール手袋を準備していてくれて

 

めちゃくちゃ助かりました。

 

 

 

 

この日は、緑を塗る日。

 

木の葉っぱの部分と、丘の緑の部分を塗りました。

 

 

 

これがーーーー!!!なかなか大変でした!!!

 

 

 

想像以上にペンキを使いました。

 

ペンキを何度も作り足しました。

 

 

 

でも、不思議なことに

 

ペンキ、何度目も何度も作り足すんですが

 

ほぼ同じ色ができるんです。

 

 

 

これは、私たちのセンスがよかったのか?

 

 

 

なので助かりはしましたが、

 

 

 

結局この緑。

 

ほぼペンキ1リットル消費しました。

 

 

 

緑のベースカラーとなった、青のペンキを使い果たし

 

他のシャッターグループの皆さまにご迷惑かける始末。

 

f:id:aitsu-factory:20190703224138j:plain

 

大きな範囲を塗る場合は

 

単色で購入してもらってたらよかったな〜。

 

ということもよく分かりました。

 

 

 

みーんな初めてなので

 

わーきゃー言いながら、試行錯誤するのも、また面白い!!

 

 

 

てな訳で、緑部分、塗り終わりました〜。

 

f:id:aitsu-factory:20190703224212j:plain

遠くから見たら散ったペンキは目立ちません

 

 

次回は、細かいところの色塗り話です♪♪

 

まだまだシャッターの話はつ・づ・く♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

\ アイツファクトリーの紹介ページはこちら! /

tunagarulife.com

アイツファクトリーはシャッターアート職人ではありません^^;

イラストレーターとして、イラストと手描き文字で伝えるチラシを作成しております。

お問い合わせなども、こちらのページから受け付けております♪

 

また次回もお楽しみに~(^^)