アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

東大化成株式会社様のロゴマーク作成させていただきました!

f:id:aitsu-factory:20191002161726j:plain

 

みなさまこんにちは。

 

絵と手描き文字で「伝わる」デザイン

 

aitsu factoryのみかりんです。

 

 

 

今週はロゴマーク ウィークです!(^^)

 

 

 

今日は

 

ものづくりの街、ラグビーの街!の

 

東大阪市にあります

 

東大化成株式会社様ロゴマーク を作らせていただいたお話です。

 

toudai-k.com

 

東大化成さまとの出会いは、

 

今年の5月の

 

「まっすー&まっつーブログセミナー」でした。

 

 

こんなセミナーでした〜↓

まずはまっすー先生の記事☆

 

こちらはまっつーさんの記事☆↓

www.p-matsuura.co.jp

そして私の記事どすー。

www.sugohan.com

aitsu-factory.hatenablog.com

 

 

東大化成さまは、懇親会で、ちょうど斜め前に座っていらっしゃって、

 

事業内容のことなど、いろいろお話させていただいておりました。

 

 

 

 

そして、私のブログやホームページも見ていただいて、

 

私にロゴマーク をお願いしてくださいました!!

 

 

 

今まで個人の方のロゴマーク の作成はさせてもらってきましたが、

 

企業さんのロゴは初めての試み。

 

 

 

これは、会社にお伺いして、生でいろいろ感じ取らなくては!!と、

 

7月に会社にお邪魔させていただきました。

 

 

 

東大化成さまが手がけているのは、

 

透明の円筒ケース。

f:id:aitsu-factory:20191002164129p:plain

東大化成様のホームページから拝借いたしました!

 

四角いケースなど、他の形状のものもやっておりますが、

 

強みは透明円筒ケースとのこと。

 

 

 

こちらは、PVC(塩化ビニル)でできておりまして、

 

これは私も知らなかったのですが、

 

PET(ペットボトルの素材ね)と比べると、PVCは省資源なんだとか!

 

 

 

PETの原材料は、石油が大半を占めているのですが、

 

PVC60パーセントが工業塩、40パーセントが石油でできております。

 

f:id:aitsu-factory:20191002162113j:plain

 

なので、石油使用量がPETより少ない。

 

そして、CO2の排出量も少ないのだそうです。

 

 

 

東大化成様は、もちろんPETの取り扱いもしておりますが、

 

PVCでの透明円筒ケースの加工の技術がとても長けています。

 

 

 

特に、このほそーい円筒ケース。

 

f:id:aitsu-factory:20191002162143j:plain

 

こちら、実は制作するのがなかなか難しいそうです。

 

 

 

想像してみてくださいねー。

 

 

プラ板のようなものを

 

ゆるーく大きくくるくるするのと

 

 

ほそーくキツキツで巻くのと

 

どちらがうまく巻けますか?

 

f:id:aitsu-factory:20191002162255j:plain

 

ほそーく巻くと、プラ板の反発がつよくて

 

留めてる糊がはじけたりしますよね。

 

 

 

その現象は、この円筒ケースにも当然まきおこること。

 

このほそーい円筒ケースの接着を

 

機械でできる会社は日本でも少ないのだそうです。

 

(なんと手作業のところが多いとか!)

 

 

 

この技術は、東大化成さまが、工夫しながら編み出した努力の結晶!!

 

 

 

色々お話を聞かせてもらう中で、

 

やはり日本の町工場の方ってスゴイ!!と思いました。

 

 

熟練の技術で、日々工夫して、

 

自分のところでしかできない技術を編み出しているんですね。

 

 

 

なので、このほそーい透明円筒ケース、ひとついただいて帰ったんです。

 

 

 

 

 

この円筒ケースを、ロゴの中に組み込みたくて、

 

透明円筒ケースをずーっと眺めて、スケッチを繰り返す中、

 

f:id:aitsu-factory:20191002162428j:plain

 

フタの部分が本体と重なり合う部分と、

 

本体の糊付け部分が、東大化成さまの頭文字の「T」に見える!!

 

f:id:aitsu-factory:20191002162446j:plain

 

 

 

そこからロゴマーク をデザインさせていただきました。

 

 

f:id:aitsu-factory:20191002162529j:plain

(不正利用防止のため、アミカケさせていただいております)

 

 

Tの部分以外の部分は、

 

透明円筒ケースの、透明感を表しつつ、

 

海や空など、自然を連想する

 

ブルーを加えたグレーを使うことで、

 

 

 

環境配慮を真摯に捉えている東大化成さまの姿勢も表現しました。

 

 

 

 

あと、このアルファベットのロゴタイプには

 

i」の部分を東大化成さまのコーポレートカラーである赤にして、

 

細長い透明円筒ケースにアレンジしました。

 

f:id:aitsu-factory:20191002162623j:plain

 

 

赤い色がアクセントにもなっていて、私も気に入っています。

 

あと、漢字の社名もあった方がわかりやすいねということで、

フォントを使って、日本語の社名のものも作成いたしました。

 

f:id:aitsu-factory:20191002164428j:plain

 

 

 

この透明円筒ケースは、

 

パッケージとしてとても優秀。

 

 

四角い箱だと、見る角度によって中身がキレイに見えない時があるけれど

 

円筒は、360度どこからみてもキレイなので、

 

 

プリザーブドフラワーを飾ったりするのもいいですね!!

 

(ホコリもつかないし)

 

 

 

 

あと、円筒ケースより、四角い箱は安いのですか、

 

四角い箱は、だいたい納品時は畳まれた状態でやってきます。

 

つまりは、商品を詰める前に、全て組み立てる必要が出てきます。

 

円筒ケースは、はじめから円筒状態でやってくるので、

 

商品を詰めるだけでハイ!完成!!

 

f:id:aitsu-factory:20191002162733j:plain

 

私も個人事業主としてやっておりますが、

 

ちょっとした作業を

 

「これくらいやったら自分でできるからケチろう」

 

と思ってやっていても、

 

 

忙しくなってきたら

 

「なんでこんなところでケチったんだろう…(T_T)

 

となっちゃうんです。

 

 

 

目先の損得ではなく、長い目でみて、

 

「労働力=経費」

 

であることを忘れずに、

 

ものを選ぶ目を持ちたいなと、

 

このお話を聞いて思いました。

 

 

何より、透明円筒ケースに入れると、

 

なんでもないものも、とってもいいものに見えちゃう!!

 

パッケージで、より商品を「魅せる」ことができるのは

 

透明円筒ケースならではだとおもいます。

 

 

 

東大化成さま、貴重な機会を与えてくださりありがとうございます!

 

さっそくホームページのトップにもロゴを入れてもらえて、とても嬉しいです!

 

 

 

ホームページから見られる東大化成さまのブログは、

 

プラスチックのお話や、環境配慮の話、

 

はたまたワンコちゃんのお話や、東大阪の立ち寄り情報など!

 

勉強させてもらいながら、楽しく読ませていただいています。

 

ぜひご覧になってくださいね!↓

 

ブログ | 透明円筒ケースのオーダーメイド製造なら東大化成 大阪 東大阪

 

早速、東大化成様のブログにも、ロゴのことを書いてくださっております。

 

toudai-k.com

 

 

 

こんなありがたいご縁を繋いでくださるきっかけとなった、

 

まっすー先生&まっつーさんのブログセミナーにも感謝です!!

 

 

 

あら?透明円筒ケースの中で、

 

アイツとカスタードが遊んでる〜^^

 

f:id:aitsu-factory:20191002163047j:plain

 

 

 

居心地良さそうだな〜。

 

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)

 

 

\ アイツファクトリーの紹介ページはこちら! /

tunagarulife.com

アイツファクトリーは

イラストレーターとして、イラストと手描き文字で伝えるチラシを作成しております。

お問い合わせなども、こちらのページから受け付けております♪

 

 

みかりんに会える!?今後の防災紙芝居の出店情報はこちら〜↓

aitsu-factory.hatenablog.com