アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

紙の販促物の未来はどうなる!?

f:id:aitsu-factory:20210106231340p:plain

 

みなさまこんにちは。

 

絵と手描き文字で伝わるデザイン

 

aitsu factoryのみかりんです。

 

 


新年変わって、

 

お仕事も学びも動きが出ておりますー。

 

 


火曜日は、

 

昨年から受講させてもらっている

 

リバティデザイナーズスクールのアドバンスコースのガイダンスでした♫

 

f:id:aitsu-factory:20210106231355p:plain

このポーズは「つなぐデザイン研究所のロゴマークの形のマネ。(笑)

 


講師のるみさんと、メンバーののりこさんの久々に顔を合わせて近況報告。

 

 


お話している中で、

 

今の時流のお話が出ました。


 

 

当初、アドバンスコースは、

 

パンフレットなど紙媒体の編集の知識についてしていただく予定だったのですが、

 

 


「今この知識が果たして必要なのか!?」

 

というお話に!!

 

 


コロナ禍で、人同士があうことを制限される世の中になり


『紙媒体の需要が今後増えることは、今後考えにくいよねというお話になり


急遽るみさんが提案してくれて


webで伝える手法について教えてもらえることに!!



f:id:aitsu-factory:20210106231906p:plain

 

たしかに今回いただいた年賀状の中でも

 

「作ってもらった名刺を配る機会がなくなりました

 

という悲しい報告もいただきましたД`)

 

 

 


これから紙媒体はなくなってしまうのか!?

 

 



私の肌感覚では、

『減るけど、紙でないといけないものもまだまだたくさんある!』です。

 

 


ちょうど昨日、

 

いつもお世話になっている方に、お名刺作成のご依頼を受けました。

 

 


今まで二つ折り名刺を使っていて、

 

されている事業についてしっかりと伝わるようにしてきたのですが、

 


二つ折り名刺はやはりデザイン料もプラスになるし、印刷代もアップします。

 


「こんな時代なので、ホームページにしっかり情報を載せるなら、

 

QRコードから見てもらうというのもありだと思いますよ。」と提案しましたが

 

 


最終的な結論として、

 

従来通り、2つ折り名刺で、

 

十分に事業の内容をビジョンイラストとともに載せたいというご希望でした。

 

 


その理由として


 

「やはり、QRから見ていただくのは、

 

紙からのワンアクションがかかるため、忙しい方には見てもらえない。

 

せっかく名刺を渡せる人には、

 

その名刺からできるだけ情報を拾えるようにしておきたい!」ということでした。

 

f:id:aitsu-factory:20210106231557p:plain


確かにそうそう~。その通りだなと思いました。

 

 


また、少し前ですが、

 

私がお世話になってる「ツナガルLIFEのコミュニティの方で

 

「ツナガルLIFEのメンバーが提供している、妊婦さんや子育て世代の方へのサービスの一覧みたいなのが紙であったらいいよね」

 

というお話が出ていました。

 

 

どうしてもwebから自分の興味あるものを調べるというのは、

 

休みなく育児をしているお父さんお母さんにはなかなか大変。

 

 

そんな時に、紙にひとまとめになってたら、

 

「検索」のワンアクションをすることなく、手元にあれば見ることができるよね。と。


 


こんな話から見えてくるものは

 

当たり前だとは思うけれど

 

「誰にいつどのように情報を提供するか?」

 

シミュレーションして、

 

それに合わせた発信の手段をとることってすごく重要だなと思いました。



 

例えば、SNSで情報を探しているような人を対象としたサービスを

 

紙のチラシで作成しても、全く意味がないのです。

 

 


逆に、ネットを活用できないお年寄りに伝えたい情報を

 

SNSやホームページでいくら伝えても、全く意味がないのです。

 

 

f:id:aitsu-factory:20210106231713p:plain




「今コロナだから、全て情報をwebにシフトしなくてはならない」

 

と考えるのは、ちょっと待った!!なのです。

 

 


ただ、「伝える」役割を担うデザイナー、イラストレーターの私たちは

 

そんなさまざまな状況に立たされているお客様に対し、

 

また、さまざまな状況下で情報を得たいと思っている消費者様に対し、

 

よりフィットした提案ができるように、

 

こちらも変化していく必要があるということは、明らかな事実だと思います。

 

f:id:aitsu-factory:20210106231811p:plain


なので、今回、リバティデザイナーズスクールで、

 

Web系の勉強ができるのはすごく楽しみ!

 

 

もちろん本格的なwebページは、餅は餅屋で、プロにお願いするべきですが、

 

簡易的なランディングページなどは、私の方でも作れるようになったら

 

一時的なイベント告知や、1商品、1サービスの案内ページとして

 

お役に立てるようになるのかなと思って、またワクワクします!

 

(なんせ、できないことができるようになることが大好きなので♪)

 

 


できないよりはできた方が絶対いいし

 

知識が入ることで、外注でお願いすることもできるようになるし♪

 

 



それにしても、

 

デザイン仲間の横の繋がりって、ほんとにありがたいなぁと実感しました。

 

お話してる中でも

 

Canvaというアプリで、なんなら印刷までできるよ!」とか

 

「お絵かきソフト、プロクリエイトめっちゃいいよ~」とか

 

「素材って、どこの使ってる~?」とか

 

皆さんが実際使っているツールをシェアできたりして、ありがたい!

 

 


デザインのお仕事をフリーでやっていきたいという方や、

 

デザイナーとの横の繋がりが欲しい方は、是非是非リバティデザイナーズコミュニティに!

(私も仲間が増えて嬉しい~♡)

 

リバティデザイナーズスクールの概要をリンクしておきますね!

 

tsunagu-design.jp

 

そんなこんなで、今日は「紙媒体・web、どっち!?!?」なお話でした。


最後まで読んでくださりありがとうございました。