アイツのつくりかた

鳴門のかたすみのみどりの机の上でイラストを描いて生きています

「大麻のものづくり探検隊」取材裏話①大谷焼ができるまで

f:id:aitsu-factory:20181111003541p:plain

みなさんこんにちは。

 

ブログ4日目!順調に続いております♪

鳴門在住「絵と手描き文字で伝わるデザイン」aitsu factoryのみかりんです。

 

さてさて昨日から始まりました

鳴門市の大麻町の

大麻のものづくり探検隊」取材裏話シリーズ

1回目は大谷焼ができるまで」です!

 

 

実は、取材裏話シリーズなのにかかわらず・・・

この「大谷焼」に関しましては、

取材には行かせてもらっておりません。

 

と言うのは、

私は、もともと、鳴門市の「青年ホーム」と言う制度があった時に

そこで、大谷焼講座」を受講しておりまして。

 

その時のご縁で、大谷焼窯元の一つであります

田村陶芸展示館の田村先生に作陶を教えてもらっておりました!

 

残念ながら「青年ホーム」はなくなってしまったのですが

今も、自主運営で陶芸クラブをしていて

(なぜか私は部長(あみだくじで決まった)部員募集中!(こっそり宣伝!))

 

今も先生のところで作品を焼いてもらっています。

 

f:id:aitsu-factory:20181111003616p:plain

 

 

そのご縁で、工房にもお邪魔させてもらって

電動ろくろを回させてもらったり、

釉薬(うわぐすり)をかける体験などもさせてもらっていたのです。

 

f:id:aitsu-factory:20181111004511p:plain

 

 

 

なので、とってもスムーズにできたのが、こちらの「大谷焼ができるまで」でした。

 

 

 

自分で体験しているからこそ分かるのですが

本当に、軽くて綺麗な形の作品を作るのは難しいんです。

 

ろくろを自分で回していても、ちっとも綺麗にできなくて

先生が手を添えてくれると、魔法みたいに綺麗になるんですよね。

 

 

職人さんの技術というのは、本当に日々の努力の賜物なんだなぁと思います。

 

 

 

大谷焼は江戸時代後期に、現在の大分県の方から焼き物技術が伝わって

大谷地元の土で作られています。

大谷焼の窯元さんは、6軒あるのですが

どの窯元も、それぞれ個性的!

釉薬の色だけとっても全然違うんですよね。

それを見比べるのも楽しいんですよ。

 

 

 

 

各窯元さんで、作陶体験も常時受け付けられていますので

興味ある方は行ってみてはどうでしょう!

大麻町商工会さんのページに、各窯元さんの情報を入れてくださっています↓

 

www.tsci.or.jp

 

 

あと、気負わずに参加できる大谷焼のイベントは

4月にスプリングフェスタ

こちらは各窯元でおもてなしがあったり、作品をお得に買えたり。

なんと、6つの窯元は歩いて回れる距離にあるんです。

スタンプラリーもあったりしますので、各窯元を回る口実ができますよ(^^)

 

 

あと、こちらは先日終わっちゃったんですが^^;

11月には「大谷焼窯まつり」が開催されます。

こちらは東林院さんの境内に、窯元さんが全員集合!

見比べて品定めするのにうってつけです。

 

私も先日の窯まつりにお邪魔して

絵付け体験をしてきましたよ♪

f:id:aitsu-factory:20181111003815p:plain

 

この「窯まつり」婦人会の皆さんが作る「いももち」もファンが多くて

9時から長蛇の列ができてますよ~!!

よもぎが入ってて、美味しいですよ♪

 

 

私も大好きな大谷焼に微力ながら関わることができて、とても嬉しいです♪♪

 

さて、次回は「お醤油ができるまで」の取材裏話です♪♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます♪